Versailles

BAND



Gt:TERU(写真左端) Ba:MASASHI(写真左) Vo:KAMIJO(写真中央) Dr:YUKI(写真右) Gt:HIZAKI(写真右端)

ETERNAL MEMBER Jasmine You



2007年

3月KAMIJOとHIZAKIを中心に、雀羅、”HIZAKI graceproject”のJasmine You(B)と藍華柳のTERU(G)、そして老舗ライヴハウス目黒鹿鳴館の推薦ドラマーのYUKI(ex SugarTrip)が加わり結成。KAMIJOとHIZAKIは2006年秋から新バンド構想を進めており、それを表現出来るメンバーを探すのに約半年 を費やした。その新バンド構想とは―”絶対的な様式美サウンドと耽美の極み”―。薔薇のつたのように絡むツインギターと激しく感情的なリズムに、『薔薇の 末裔』の物語を歌詞の中で描いてゆく。2007年3月29日KAMIJOのブログ上でメンバー、翌日にはバンド名を発表。5月2日にメンバー自らYOUTUBEに予告編映像を公開すると 海外メディアからライヴ出演依頼や取材が殺到。国内の取材は一切受けず海外メディアへのみの取材に答え、5月末にドイツ民放ドキュメンタリー番組の取材を 受ける。6月に入るとその模様が産經新聞に大きく掲載されYAHOO!検索キーワードランキングで「ヴェルサイユバンド」が3位にランクイン。 livedoorニュース、読売新聞、読売テレビ(あさパラ!)、フジテレビ(めざましテレビ)にて放送・掲載されその知名度は一気に日本国内にも広がっ た。2007年6月23日目黒鹿鳴館にて男子限定のショウケース・ライブを行う。当日はライヴ会場限定DVDシングル「The RevenantChoir/ザ・レベナント・クワイヤ―」このシングルはヴィジュアル系ファンから圧倒的な支持を誇るヴィジュアル系専門サイトびじゅな びに於いて、限定発売ながらも1位を獲得。2007年10月31日海外のレーベル4社よりオファーを受け、ドイツのCLJ Recordsとライセンス契約を交わし、1stミニ・アルバム「Lyrical Sympathy」の日本/ヨーロッパでの同時発売が実現。またアメリカ・ビルボード誌でも紹介されて話題を呼ぶ。



2008年

3月19日Versailles主催イベント【TokyoMetropolis】を渋谷AXにて開催、熱い観客で埋め尽くされ会場は熱気 に包まれ、大成功のイベントとなる。そして同日より、3曲入り会場販売限定シングル「A Noble was Born In Chaos」を発売開始,会場前には長蛇の列が出来た。2008年3月28日初のヨーロッパ・ツアー『欧州耽美革命』を行う。5カ国6公演(スウェーデン、フィンランド、ドイツ、フランス、スペイン)を まわるショート・ツアーだが、各公演熱い観客の声援を受け、関係者からも多くの称賛を得る。特にパリ公演では、初の公演にも関わらずチケットは売切れとな り、失神者も続出するなど、大成功を収める。5月3日【hide memorial summit】なる歴史に残る一大イベント(味の素スタジアムにて)に出演。2008年5月6日初のワンマン・ライブを代官山ユニットを行い、大成功を収め、関係者からの称賛を浴びた(尚、チケットは即日ソールドアウト)。2008年5月30日~6月1日アメリカにおける3大アニメ・コンベンションのひとつ【A-KON】のメイン・ゲストとして招聘され、コンサートに は3,500人、サイン会には各日1,500人以上もの人が集まり、大盛況となる。また6月3日は初のLAライブを老舗のThe KnittingFactoryにて行い、600枚のチケットはソールドアウトとなる。2008年6月5日産経新聞2面のシリーズ“すごいぞ!ニッポン”という海外で活躍する日本人を紹介する記事にて取り上げられる。それを受け、6月15日 Yahooのニュースヘッドラインのトップに掲載される。7月16日には名盤と名高いファーストフルアルバム「NOBLE」を発売。年8月5日フジテレビお台場冒険王のイベントに出演。整理券700枚は配布から1時間弱で終了。2008年8月17日主催イベント ”Tokyo Metropolis Ⅱ”のステージにて、バンド名変更を発表。これは、アメリカに同名アーティストが存在し、その名前を商標登録したため、米国内での“Versailles ”というバンド名の使用禁止を求める警告文が弁護士を通じて送られてきたため。そのニュースが、翌日Yahoo!のトップニュースに上がり、各方面で話題 となる。2008年10月の10日~11日ワシントンDCにて開催されたアニメ・コンヴェンション ”anime USA”にメイン・ゲストとして出演、13日にはNYのKnittingFactoryにてワンマンライブを行い、チケットは当日券でソールドアウトとなる。11月8日仙台Junk Boxを皮切りに、初のワンマン・ツアー ”CHATEAU DE VERSAILLES”を行う。12月10日ダブルA面シングル「PRINCE & PRINCESS」を発売。12月23日には初のホールワンマンを渋谷C.C.Lemon Hallで行いメジャーデビューを発表。


2009年

3月26日横浜SUNPHONIX HALLよりインディーズラストツアー"The Fragment Collectors"を行う。5月15日にはTokyo Metropolis -Versailles Fes-と題したライヴイベントを新木場COASTで開催。自らのデビュー直前にも関わらずインディーズシーンを盛り上げる為に5月18日から6月16日に行ったイベント"革命のアンソロジー"は、全国各地入場無料行われ、常識を覆したイベントとなり各方面から激励を受ける。インディーズラストライヴは目黒鹿鳴館にて6月17日から21日までの五日間連続で行われた。各日は男性限定や女性限定のみならず五日間の初日には"International Night"と題して日本国籍以外の国籍の方限定のライヴを行う。また5月20日には2008年12月23日渋谷C.C.Lemon Hallの模様を収録したLIVE DVD「CHATEAU DE VERSAILLES」とインディーズ時代の映像集「HISTORY OF THE OTHER SIDE」を発表。6月24日メジャーデビューシングル「ASCENDEAD MASTER」をリリース(オリコン初登場8位を獲得)。初回盤に付属のDVDには計15分間のショートムービーを収録。8月9日ベーシストJasmine You逝去。バンド活動を休止する。10月25日 国内初となる画期的なヴィジュアル系フェス「V-ROCK FESTIVAL09」にて“Sステージ”トリを飾る。



2010年



1月4日渋谷O-EASTにてJasmine You - Memorial Ceremony-開催。1月20日メジャー初アルバム「JUBILEE」が発売される。2月28日よりWorld Tour 2010“Method of Inheritance”をスタート。国内21公演、海外16公演を行った。9月1日にはLIVE CD「Lyrical Sympathy-LIVE」と「NOBLE-LIVE-」を同時発売。ワールドツアーのグランドファイナルとなった9月4日渋谷C.C.Lemen Hallでは、6人目のメンバーとしてベーシスト"MASASHI"の加入を発表。10月27日には新編成での初のシングルとなる「Destiny-The Lovers-」を発売。11月10日にはTOKYO VISUAL FESTIVAL 2010に出演。


2011年



1月4日赤坂BLITZにて新生Versailles初ワンマン「革命 ~美しき運命~」を行う。1月より初主演ミニドラマ『おねがいかなえてヴェルサイユ』が毎日放送、テレビ神奈川にて放送開始。3月16日発売のニューシングル「Philia」が番組テーマ曲となる。5月4日から春のショートサーキット 「Versailles Spring Tour 2011 -Philia-」 振替公演を行う。6月15日メジャーセカンドアルバム「Holy Grail」を発売。同作収録の「MASQUERADE」と「Vampire」が映画「VAMPIRE STORIES」のエンディングテーマ曲となる。またヴォーカルのKAMIJOは同映画の音楽監督とてサウンドトラックも手掛けた。7月6日『おねがいかなえてヴェルサイユ』のDVDが発売。7月17日渋谷C.C.Lemon HallよりWorld Tour 2011"Holy Grail"がスタート。